【かまいたちの夜攻略】鎌井達の夜編~あなたの人生は、誰かが遊ぶゲームのひとつかもしれない

かまいたちの夜攻略

今回は「かまいたちの夜」のサブストーリー【鎌井達の夜編】について、エンディングまでの分岐も網羅した「超絶ネタバレあり」で攻略します。

「かまいたちの夜」は1994年の冬にチュンソフトがスーパーファミコン専用のゲームソフトとして発表したサウンドノベル。

この「かまいたちの夜」の魅力は本編のミステリー編をある程度すすめると、パラレルワールドへの扉が解放されること。

>>ちょっとネタバレな「かまいたちの夜」の全ストーリーまとめ記事はコチラ。

created by Rinker
¥980 (2021/07/24 20:27:07時点 楽天市場調べ-詳細)

※本記事は、スーパーファミコン版の「かまいたちの夜」に基づいた内容です。画像も同作からキャプチャしています。

【鎌井達の夜編の出現条件】

ミステリー編のGOOD END「必死の体当たり」「おまじない」「一本背負い」のいずれかをクリアするか、BAD ENDを3つ見ること。

【鎌井達の夜編 | 登場人物】

透:平凡な大学生。シュプールの談話室で奇妙なゲームソフトをみつける。
真理:透が通う大学の同級生。ゲームソフト「かまいたちの夜」をプレイする透を見守る。
小林二郎:透と真理を格安でシュプールに止めてくれるオーナー。真理の叔父。
香山誠一:談話室のソファでくつろぐ大阪の社長。
香山春子:誠一の妻。透たちに声をかける上品な婦人。

【鎌井達の夜編 | ストーリーダイジェスト】

真理に誘われてスキーに訪れた透は、くたくたに疲れてペンションに戻ると談話室で1本のゲームソフトを見つける。

早速プレイをはじめる透でしたが、ゲームはタイトルの「かまいたちの夜」とは全く違う展開を見せはじめていく。。。

【重要分岐点と選択】

<重要分岐①ぼくは雪だるま>


「B.そんなに太ったかな」を選択。

ピンクのしおり出現前は、「そんなに太ったかな」のみで鎌井達の夜編へ進みます。

POINT

ピンクのしおり出現後には、次の3つの分岐も発生するので、金のしおりを目指す方は必ず見ておきましょう。

<重要分岐②もう1回だけ滑ろう?>


「A.しょうがないな。あと一回だけだよ」を選択。
疲れてはいますが、真理の頼みならしょうがない。OKすることにした透。

<重要分岐③どの子が好みなの?>


「B.ぼくには君しか目に入らないよ、真理」を選択。
2階から降りてきたOL三人組を見つめる透に、真理はちょっとヤキモチを焼いている様子。

<重要分岐④談話室にテレビゲームが!>


「B.あ、スーファミだ!」を選択。
*かまいたちの夜をプレイするゲーム機によって異なります。例)プレステだ!など。

真理そっちのけでゲームに飛びつく透に、彼女は呆れつつプレイを見守ることにしました。

【鎌井達の夜編:エピローグまで】


ゲーム機と一緒に置かれていたのは「弟切草」と「かまいたちの夜」。

悩んだ末に透は、「かまいたちの夜」をプレイすることにします。

POINT
弟切草を選択すると、オープニング画面で真理が勝手に電源を切ってしまうので、結局「かまいたちの夜」しかプレイできません。

談話室で見つけたゲームソフト「かまいたちの夜」には、透たち自身が登場し、ゲームの中の「透」がゲームをはじめ、そのまたゲームの中の「透」がゲームをはじめる。。。


ゲーム内容は、「スキーを終えてペンションに戻り談話室で会話がはじまる」までの経緯が再現されてループする奇妙なモノでした。

やがてゲーム内の談話室には、宿泊客たちが集いはじめ、各々が自己紹介をはじめます。

「わしは釜井や」「ぼくは鎌井です」「実はわたしもカマイで」「ノルウェーからきたノヨル・カマーイです」宿泊客たちはみな、「カマイ」さん。

ゲーム内の『透』が久しぶりに酔っ払ってしまうまで、宿泊客との一夜は盛り上がり、誰一人死ぬことなくゲームは終了します。

くだらないゲームに苛立った「画面内の『透たち』」が、次々と電源を切っていくのを呆然と眺める「透」。

自身も操られるかのようにゲーム機の電源を切ると、透は誰かの視線を感じて振り向きます。

最後の瞬間。

ブラウン管の向こうで、スイッチを切ろうと手を伸ばす、もう一人の「透」の姿を見るのでした。

>>ちょっとネタバレな「かまいたちの夜」の全ストーリーまとめ記事はコチラ。

タイトルとURLをコピーしました